2016.5.1 - 5.29

Official event of 150th anniversary of Japan-Italy diplomatic relations

Alessandra Maria Bonanotte Photo Exhibition  -MEIAN-

日伊国交150周年記念公式イベント

アレッサンドラ・マリア・ボナノッテ写真展 -明暗-

Kami-Taglio
Kami-Taglio

(日本語は下に続きます)

HIRO GALLERY IZUKOGEN held ALESSANDRA MARIA BONANOTTE PHOTO EXHIBITION -MEIAN- in the 24th Izukogen Art Festival.

 

An Italian photographer Bonanotte travels extensively to photograph nature, culture and people. In recent years she is especially fascinated by Japan, its nature, shrines and temples, festivals, traditional crafts, artists and expert artisans. She is inclined to capture brilliant moments that have been inherited for a long time. She realized the photographs for "Tsumugiori" [Kyuryudo] of Fukumi Shimura, the book won the "Gold Prize", the “MEXT Minister Prize” and the "Shin Matsunaga Prize" in the 57th edition of the "Japan Catalogue Prize" in 2015. Her original viewpoint and technic is highly valued and several exhibitions have already been held in Japan.

 

Organized and Operated by the local habitants, Izukogen Art Festival is held every May, the season of fresh greenery, as an open cultural festival. Viewers stroll the area with rich nature and visit over 100 art spaces. HIRO GALLERY IZUKOGEN has participated from the beginning of this festival. In this exhibition, Japanese spirituality captured by Alessandra was expressed in the world of -MEIAN-, Japanese chiaroscuro. Viewers were able to appreciate about 15 photographs, which rediscover the Japanese virtue from her Italian point of view, in the cozy and airy Japanese architecture.

 

 

Official event of 150th anniversary of Japan-Italy diplomatic relations

ALESSANDRA MARIA BONANOTTE PHOTO EXHIBITION -MEIAN-

[The 24th Izukogen Art Festival]

 

Venue: HIRO GALLERY IZUKOGEN [Space No. 66]

Address: Yawatano 1081, Ito City, Shizuoka, 413-0232, Japan Map ※8-minute walk from Izukogen Station

TEL: +81-557-54-4581

Term: May 1 [sun] - May 29 [sun], 2015 ※Closed on Tuesday and Wednesday

[※open May 3 and 4]

Hours Open: 11:00 - 17:00

 

Supported by:

Italian Embassy in Tokyo

Italian Institute of Culture in Tokyo

Associazione Italo-Giapponese

Ito City

 

Photo by Alessandra Maria Bonanotte

本年で24回目となる伊豆高原アートフェスティバルにて、ヒロ画廊伊豆高原はアレッサンドラ・マリア・ボナノッテ写真展 -明暗- を開催いたしました。

 

イタリアの写真家ボナノッテはこれまで世界中の自然と文化、人々を撮影してきました。特に近年は日本に強く魅了され、全国の自然、神社仏閣、祭礼、伝統工芸品、または芸術家、名工を継続して取材しており、人間が長い時間をかけて培い、伝承してきた様々なものの放つ一瞬の輝きを活写、発表しています。2015年には紬織の人間国宝・志村ふくみの集大成的作品集『つむぎおり』(発行:求龍堂)掲載の写真撮影も担当し、同書が第57回全国カタログ展にて図録部門・金賞、文部科学大臣賞、審査員特別賞・松永賞を受賞するなど、独自の視点と確かな技術が評価されています。日本でも既にイタリア文化会館東京をはじめ、長野、京都、三重など全国各地で展覧会が開催されています。

 

伊豆高原アートフェスティバルは住民主体の「開かれた文化の祭典」として新緑鮮やかな5月に毎年開催されている地域密着型イベントで、参加者は豊かな自然の中を散策しながら約100軒の参加スペースを見て回ります。ヒロ画廊伊豆高原は第1回から継続して参加しております。リラックスして作品を鑑賞できる風通しの良い平屋建て日本建築の中に、日本の精神性をモノクロームの -明暗- の世界で表現した作品約15点を展示いたしました。ご来場誠にありがとうございました。

 

 

 

日伊国交150周年記念公式イベント

アレッサンドラ・マリア・ボナノッテ写真展 -明暗-

(第24回伊豆高原アートフェスティバル)

 

会場:ヒロ画廊伊豆高原 ブースNo. 66

住所:静岡県伊東市八幡野1081 ※伊豆高原駅より徒歩8分

電話:0557-54-4581

会期:2015年5月1日(日) - 5月29日(日)

   ※火・水休廊(ただし5月3日、4日はOPEN)

時間:11:00 - 17:00

 

後援:

駐日イタリア大使館

イタリア文化会館

公益財団法人日伊協会

伊東市

 

Photo by Alessandra Maria Bonanotte

 

 

作品キャプション

紙 - 切る