2008.7.19 - 8.10

PAVEL TRNKA EXHIBITION

HIRO GALLERY IZUKOGEN

パヴェル・トゥルンカ展 ヒロ画廊伊豆高原

(日本語は下に続きます)

PAVEL TRNKA EXHIBITION, which was held from July 19 to August 10 in 2008, was a success so that a lot of people including the Czech Republic Ambassador and the mayor of Ito City attended.

 

HIRO GALLERY IZUKOGEN is a Japanese style building, designed by the late Yoshiteru Uesato of Seisetsusha in Kyoto. We integrated this building with the works minimally expressed by a Czech grass artist, Pavel Trnka, and exhibited them.

 

In nature surrounded Izukogen, Pavel Trnka’s grass artworks showed its true beauty in the natural light. “Chakra,” the theme of the works, represents the energy of nature so the exhibition made the most of its surroundings than the one in HIRO GALLERY GINZA in 2005.

 

Thank you very much for coming.

 

To the artist's page

8月10日までヒロ画廊伊豆高原にて開催したPAVEL TRNKA パヴェル・トゥルンカ展は、チェコ共和国大使、伊東市長を始め、多くの方々にご来場頂きおかげさまで盛況な展覧会となりました。

 

ヒロ画廊伊豆高原は京都の建築家、聖拙社の故・上里義輝が設計した和風建築の建物で、その建築物に今回チェコのガラス彫刻家、パヴェル・トゥルンカのミニマルに表現された作品を融合させ、展示しました。

 

自然に囲まれた伊豆高原、パヴェル・トゥルンカのガラス彫刻は自然光を受けることによって、本来の美しさを発揮します。今回の作品のテーマである「チャクラ」は、まさに自然界のエネルギーを表した作品なので、2005年に銀座のヒロ画廊にて開催したときより、さらに作品の持ち味を最大限に生かせた展覧会となったと思います。

 

ご来場誠にありがとうございました。

 

ヒロ画廊作家ページへ