2019. 9. 17 - 28

Masaaki Noda Exhibition

Spiral Interaction / Shift of Moment

HIRO GALLERY, Ginza Tokyo

野田正明展

「螺旋の交合 “Spiral Interaction” / 瞬間の移動 “Shift of Moment”」

Perpetual Flight III Dream Catcher / Stainless Steel, White and Black Granite / 2002 / height 4.4m
Perpetual Flight III Dream Catcher / Stainless Steel, White and Black Granite / 2002 / height 4.4m
Before the Fact / Charcoal on Paper / 1985 / 180×270cm
Before the Fact / Charcoal on Paper / 1985 / 180×270cm
Spiral Interaction / acrylic, canvas / 2018 / 72×56cm
Spiral Interaction / acrylic, canvas / 2018 / 72×56cm

(日本語は下に続きます)

We held an exhibition of Masaaki Noda, a contemporary artist who lives in New York, in two venues of HIRO GALLERY. Entitling the exhibition in Ginza as "Spiral Interaction" and Izuokawa "Shift of Moment," we introduced the fundamental concepts he had tried to express.

 

Masaaki Noda was born in Fukuyama, Hiroshima, Japan in 1949. He had moved to New York, the center of the art world in 1977. He studied in the Art Students League of New York as a scholarship student, and then he held a lot of solo exhibitions mainly in New York and all over the world. Many public artworks were realized by him, which are mostly stainless steel sculptures. They include the permanent monuments in the European Cultural Center of Delphi, that is next to the Temple of Apollo, Delphi, Greece in 2005, and the American College of Greece, Athens, Greece in 2009, and the Kishi Park, Matsue, Shimane in 2010. And a permanent monumental sculpture was installed in the Fukuyama station square in 2012, as the symbol of the Fukuyama city.

 

The thin, twisted, well-polished stainless steels vanish the borders between artworks, viewers, and spaces. It would be possible to say the works expand into the outer areas of the sculpture themselves. In the various two-dimensional works, there are the geometric forms which are the prototype of the statue. Vigorously drawn, the motifs are also called "swirling band of kinetic energy."

 

We exhibited relatively new artworks such as constitutive watercolor paintings, acrylic paintings, and sculptures in Ginza venue, and the large drawings mainly in the 1980s and sculptures in Izu venue. We surveyed the central motifs of the artist's whole career and the present expressions.

 

We introduced the world of Masaaki Noda, the artist who continues to be energetic in New York. Thank you very much for your attendance.

 

 

Masaaki Noda Exhibition

Spiral Interaction / Shift of Moment

HIRO GALLERY, Ginza Tokyo / HIRO GALLERY Izuokawa

 

[Ginza Venue]

Spiral Interaction

Venue: HIRO GALLERY, Ginza Tokyo

Address: 3F, 1st. Iwatsuki bldg., Namiki Street, 6-7-16 Ginza Chuo-ku, Tokyo 104-0061 Japan

Tel: +81-3-3574-0545

Term: September 17 [tue] - 28 [sat], 2019

※Closed on Sunday and Holiday

Hours: 10:00 - 18:30

 

[Izu Venue]

Shift of Moment

Venue: HIRO GALLERY Izuokawa

Address: 185-1 Okawa, Higashiizucho, Kamo, Shizuoka 413-0301 Japan

Tel: +81-3-3574-0545

Term: September 21 [sat] - 23 [mon, hol]; 27 [fri] - 28 [sat]

Hours: 12:00 - 17:00 

 

《Press / Web article》

Bijutsutecho https://bijutsutecho.com/exhibitions/4555

Exhibition Views 会場風景

ニューヨーク在住の現代美術家、野田正明の展覧会を東京・銀座 ヒロ画廊、ヒロ画廊伊豆大川(静岡)の2会場にて開催いたしました。銀座での展示を「螺旋の交合 “Spiral Interaction”」、伊豆での展示を「瞬間の移動 “Shift of Moment”」と名付け、作家が追求してきた中心的な概念をご紹介いたしました。

 

野田正明は1949年に広島県福山市で生まれました。1977年にアートの中心ニューヨークへ活動の場を移しニューヨーク・アート・スチューデンツ・リーグで奨学生として学んだ後、ニューヨークを中心に世界各地で個展を開催し、多くのパブリックワーク(主に鏡面ステンレス彫刻)を制作してきました。2005年にはギリシャのアポロ神殿隣に位置するデルフィー・ヨーロッパ文化センター、2009年にはギリシャ・アテネのアメリカン大学、2010年には松江市宍道湖畔岸公園に彫刻作品が恒久設置され、 2012年には福山駅前広場に福山市のシンボルとなるモニュメントが恒久設置されています。

 

磨き上げられたステンレス鋼は薄くねじれるように造形され、作品と鑑賞者、あるいは設置される空間との境界線を消し去る、彫刻外の空間に拡張していくかのような軽やかな表現がなされます。また、多岐にわたる平面作品の中には、彫刻の原型とも言える幾何学的形態、「力学的エネルギーの渦巻く束」とも評されるモチーフが力強く描かれています。 

 

銀座会場では比較的近年に制作された色鮮やかな構成的水彩画、アクリルペインティング、彫刻作品を、伊豆会場では主に1980年代に制作された巨大なドローイング作品と彫刻作品を中心に展示し、作家のこれまでのキャリアの主要モチーフと近年の表現を通観する展覧会となりました。 

 

現在もニューヨークを拠点に活躍を続ける野田正明の作品世界をご紹介いたしました。ご高覧誠にありがとうございました。

 

 

野田正明展

「螺旋の交合 “Spiral Interaction” / 瞬間の移動 “Shift of Moment” 」

東京・銀座 ヒロ画廊 / ヒロ画廊伊豆大川

 

【銀座会場】

「螺旋の交合 “Spiral Interaction”」

東京・銀座ヒロ画廊

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-16 (並木通り) 第一岩月ビル3F

電話:03-3574-0545

会期:2019年 9月 17日(火) - 28日(土)

休み:日祝

時間:10:00 – 18:30

 

【伊豆会場】

「瞬間の移動 “Shift of Moment”」

ヒロ画廊伊豆大川

住所:〒413-0301 静岡県賀茂郡東伊豆町大川185-1

電話:03-3574-0545

会期:2019年9月21日(土)- 23日(月・祝)、27日(金)- 28日(土)

時間:12:00 – 17:00 

 

【関連イベント】

野田正明制作のモニュメント「無限の未来―小泉八雲終焉の地」が、新しく新宿区立小泉八雲記念公園(〒169-0072 東京都新宿区大久保1丁目7)に設置され、本展覧会会期中の9月21日(土)10時半よりモニュメント除幕式典が開催されました。作品はどなたでもご覧になれますので、お近くにお立ち寄りの際はぜひご覧くださいませ。

 

《主なメディア掲載》

WEB版美術手帖 https://bijutsutecho.com/exhibitions/4555

 

 

作品キャプション(上から)

  •  飛翔III ドリームキャッチャー / ステンレス鋼、花崗岩 / 2002年 / 高さ4.4m
  • 事前に / 紙に木炭 / 1985年 / 180×270cm
  • 螺旋の交合 / キャンバスにアクリル / 2018年 72×56cm