2005.04.18

Urns for Conclave(Election for New Pontiff)

Cecco Bonanotte

コンクラーベ(教皇選挙)投票箱

チェッコ・ボナノッテ制作

3 Urns (ballot boxes) to cast ballots for the election of new Pontiff Conclave in the Sistina’s Chapel

2005 / silver, bronze / ø60、57、40cm / Sistina’s Chapel[Vatican]

(日本語は下に続きます)

For the conclave that took place in the Sistine Chapel on the passing away of John Paul II, Cecco Bonanotte created three sculptural ballot boxes.

 

John Paul II served as the long-standing Pope since 1978. He is an iconic figure in the Catholic world, known for his visits to more than 100 countries and for being very active in interacting with other religions and cultures. It was also a great honor for the sculptor to create a ballot box to elect the chief executive of the Catholic Church, which has more than 1.2 billion congregants worldwide.

 

Each of the three ballot boxes has a different role. The first is to hold the completed ballots, the second is to transfer the votes whose contents have been verified, and the third is a locked box to collect ballots by cardinals who are difficult to get to the polling place due to illness. The ballot boxes, created by Bonanotte, are delicate and elegant bronze sculptures that evoke a sense of grand outer space despite its small size.

 

These ballot boxes are used not only this time but also every time a new Pope is elected (it was also used at the 2013 conclave).

ヨハネ・パウロ二世の逝去に伴いシスティーナ礼拝堂にて行われたコンクラーベ(次期法王選出会議)のため、チェッコ・ボナノッテは三つの彫刻による投票箱を制作しました。

 

ヨハネ・パウロ二世は1978年から長きにわたりローマ教皇を務めました。世界100ヶ国以上を超える国々を訪問し、他宗教や他文化との交流にも非常に積極的だったことでも知られる、カトリック世界の象徴的存在です。全世界に12億人以上の信徒を抱えるカトリック教会の最高責任者を選出する投票箱を制作することは彫刻家にとっても非常な名誉となりました。

 

3つの投票箱はそれぞれ異なる役割を持ちます。1つ目は記入された投票用紙を入れるため、2つ目はその内容を確認した投票用紙を移し変えるため、3つ目は病気のため投票会場に行くことが難しい枢機卿の投票用紙を集めるための鍵付きの箱です。ボナノッテが制作した投票箱には、小ぶりなブロンズ彫刻ながらも壮大な宇宙空間を感じさせるような、繊細で優雅な造形が施されています。

 

この投票箱は今回のみならず新しく教皇が選出される度に使用されます(2013年のコンクラーベにおいても使用されました)。

 

画像キャプション

システィーナ礼拝堂内にて行われる コンクラーベ(次期法王選出会議)のための三つの彫刻による投票箱

2005年  / 銀、ブロンズ / ø60、57、40cm(上から) / システィーナ礼拝堂(ヴァチカン市国)