2014.5.28 – 10.6

THE DISASTERS OF WAR

Louvre-Lens, France

Chimei HAMADA

ルーブル・ランス(仏) 浜田知明銅版画出展

LOUVRE LENS [Photo by Julien Lanoo]
LOUVRE LENS [Photo by Julien Lanoo]
Elegy for a New Conscript: Under the Shadow of a Rifle Stand / etching, aquatint / 20.0×17.5cm / 1951
Elegy for a New Conscript: Under the Shadow of a Rifle Stand / etching, aquatint / 20.0×17.5cm / 1951

(日本語は下に続きます)

An exhibition “THE DISASTERS OF WAR” was held at Louvre-Lens, a well-known museum for its architecture by SANAA, a Japanese architects unit. Some copperplate prints by Chimei Hamada that were collected by MoMA for the past exhibition “TOKYO 1955 - 1970” from 2012 to 2013 were lent and exhibited in Louvre-Lens for this exhibition.

 

Louvre-Lens opened in December 2012 as an annex of Louvre Museum in Paris, and gets a great attention from all over the world. This museum is located in Lens, a small city north of France once flourished as a coal-mining town, and designed by SANAA, a unit of Japanese architects Kazuyo SEJIMA and Ryue NISHIZAWA. Designed by great architects, who are well known for awarding the Pritzker Architecture Prize [the Novel Prize of Architecture], its surroundings-fitting, beautiful and innovative architecture is getting massive attention. They are also famous for designing the 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa in Japan, and a lot of other important architectures.

 

Having 12 sections for major wars from the beginning of the 19th century to our age, “THE DISASTERS OF WAR” showed how artists contributed to a growing disenchantment with war. Chimei HAMADA’s war-related copperplate prints were exhibited.

 

The permanent collection room in this museum exhibits mainly the works that are the possessions of Louvre in Paris but hadn’t had a chance to be exhibited for a long time. They extend to ancient Greek arts, Oriental arts and a lot of sculptures. “Liberty Leading the People” by Delacroix is exhibited as a main attraction, and you could enjoy the permanent collection for free until the end of 2014. Please appreciate this interesting event and museum.

 

 

Exhibition Title:THE DISASTERS OF WAR

Venue:Louvre-Lens Museum TEMPORARY EXHIBITION GALLERY

Address:Rue Paul Bert, 62300 Lens, France

Term:28 May - 6 October 2014 [closed on Tuesdays]

Hours Open:10:00 - 18:00 [last admission 17:15]

Admission Charges:EUR 9

 

Details → Exhibition Official Website

日本人建築ユニット「SANAA」の建築でも知られる美術館「ルーブル・ランス」にて企画展 ”THE DISASTERS OF WAR” が開催されました。2012年から13年にかけて開催されたMoMA(ニューヨーク近代美術館)での展覧会、”TOKYO 1955 - 1970”に合わせてMoMAに収蔵された浜田知明銅版画作品がこの度ルーブル・ランスに貸出、展示されました。

 

ルーブル・ランスは2012年の12月にオープンし、パリのルーブル美術館の分館として世界中の注目を集めている美術館です。かつて炭鉱町として栄えたフランス北部の小都市・ランスに、日本人建築家の妹島和世と西沢立衛による建築ユニット「SANAA」により設計されました。建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞している世界的建築家たちにより採炭場の跡地に建てられた当美術館は、周囲の風景に溶け込むような美しく革新的な建築も話題となっています。日本では金沢21世紀美術館の建築などでもよく知られています。

 

企画展 “THE DISASTERS OF WAR” では、19世紀初頭から現代までの主要な戦争を12のセクションに分け、それぞれの戦争に関連した作品を展示し、いかに芸術作品が戦争の醜さを告発してきたかが紹介されました。第二次世界大戦のセクションでは浜田知明が戦争での体験を表現した初期銅版画が展示されました。

 

同美術館の常設展示室では、主にパリのルーブル美術館で長い間眠っていて一般公開されていなかった作品(ギリシャ美術、オリエント美術、彫刻など)が展示されています。現在はオープンを記念してドラクロワの「民衆を導く自由の女神」が展示されており、5年間はこの新美術館の顔として楽しむことができます。常設展示は2014年いっぱいは無料で観覧できます。フランスへ御用の際はぜひお立ち寄りください。

 

 

展覧会名:THE DISASTERS OF WAR

会場:ルーブル・ランス 企画ギャラリー

住所:Rue Paul Bert, 62300 Lens, France

会期:2014年5月28日 - 10月6日(火曜休館)

時間:10:00 - 18:00(入場は17:15まで)

入場料:9ユーロ

 

詳細はこちらから → 展覧会公式ホームページ(英)

 

 

画像キャプション(上から)

  • ルーブル・ランス
  • 初年兵哀歌 (銃架のかげ) / エッチング・アクアチント / 20.0×17.5cm / 1951年