2010.7.10 - 9.5

The World of HAMADA Chimei

The Museum of Modern Art, Hayama

浜田知明の世界展

神奈川県立近代美術館 葉山

Oops! / etching, aquatint / 32.0×19.1cm / 1974
Oops! / etching, aquatint / 32.0×19.1cm / 1974
No One Knows / bronze / 25.7×29.2×15.0cm / 1992
No One Knows / bronze / 25.7×29.2×15.0cm / 1992
Button A / etching, aquatint / 32.5×35.5cm / 1988
Button A / etching, aquatint / 32.5×35.5cm / 1988
Irritating A /  etching, aquatint / 36.3×24.7cm / 1974
Irritating A / etching, aquatint / 36.3×24.7cm / 1974
Uffizi Gallery “Chimei Hamada exhibition” Scenery
Uffizi Gallery “Chimei Hamada exhibition” Scenery

(日本語は下に続きます)

A large-scale retrospective of Chimei Hamada, One of the leading printmakers in Japan, was held at The Museum of Modern Art, Hayama from July 10th [sat]. The exhibition was titled“The World of HAMADA Chimei -Elegy and Humor in Prints and Sculpture-“.

 

Chimei Hamada, born in Kumamoto, became 93 years old in 2010. But his drive shows no sign of slowing down and new works including sculptures were presented in this exhibition.

 

Chimei Hamada got worldwide recognition by the Elegy for a New Conscript series, in which his harsh memory in the war is sublimated into art. His one-man exhibitions were held at the globally important museums such as the Albertina, Vienna in 1979, the Japan Gallery of The British Museum, London in 1993 and the Uffizi Gallery, Florence in 2008.

 

No print has been made since 2000, but now he has brought out high-quality sculptures made from 1983.

 

Chimei Hamada’s works range from the works that confess and accuse the vivid suffering he experienced in the war, to the works that satirizes the serious problems in modern society humorously. Their wide-ranging expression is a characteristic of his works. We can find not only the attitude as a judge who exposes the evil, but also hard but warm human eyes that look at human as an imperfect being in his works.

 

The exhibition was held from July 10th [Sat.] to September 5th [sun]. Thank you very much for coming.

 

To the page of the Museum of Modern Art, Hayama

 

Chimei Hamada | HIRO GALLERY

 

 

The World of HAMADA Chimei -Elegy and Humor in Prints and Sculpture-

 

Venue: The Museum of Modern Art, Hayama

Term: July 10th [sat] to September 5th [sun]

Time: 10:00 - 17:00

[Closed on Mondays(open on July 19th), July 20th]

  

 

 Features

 

日本を代表する版画家の一人、浜田知明の大規模な回顧展「版画と彫刻による哀しみとユーモア 浜田知明の世界展」が神奈川県立近代美術館・葉山館にて開催されました。

 

熊本県出身の浜田知明は、2010年で93歳。しかしその創作意欲は衰えを知らず、今回の展覧会においても彫刻作品をはじめとした新作が発表されました。

 

浜田知明は、戦争によって刻まれた苛烈な記憶を芸術の域に昇華させた版画作品「初年兵哀歌」シリーズで世界的な評価を獲得しました。1979年にはウィーンのアルベルティーナ美術館、1993年にはロンドンの大英博物館日本ギャラリー、2008年にはフィレンツェのウフィツィ美術館など、世界的に見ても重要な多くの美術館で個展が開催されています。

 

2000年を最後に版画の制作はされておらず、現在は1983年より制作されるようになった彫刻作品において充実した作品を発表しています。

 

浜田知明の作品は、戦争で自らが経験した生々しい苦悩を告白、告発する作品から、現代社会の深刻な問題をユーモラスに風刺する作品まで、その幅広い表現を特徴としています。そこには単に悪を暴き出す審問官的態度だけではなく、不完全な存在としての人間をありのままに見つめる、厳しさとあたたかさの同居する一人の人間の視線が感じられます。

 

展覧会は7/10(土)~9/5(日)まで開催されました。御来場誠にありがとうございました。

 

神奈川県立近代美術館 葉山 展覧会ページ

 

浜田知明 作家ページ

 

 

版画と彫刻による哀しみとユーモア

浜田知明の世界展

 

会場:神奈川県立近代美術館 葉山館

日程:2010年7月10日(土)~9月5日(日)

時間:10:00 - 17:00

休館日:月曜日(7月19日は開館)、7月20日

 

 

主なメディア掲載

 

画像キャプション(上から)

  • アレレ… / エッチング・アクアチント  / 32.0×19.1cm / 1974年
  • 誰も知らない / ブロンズ  / 25.7×29.2×15.0cm / 1992年
  • ボタン(A) / エッチング・アクアチント  / 32.5×35.5cm / 1988年
  • いらいら(A) /    エッチング・アクアチント / 36.3×24.7cm / 1974年
  • ウフィッツィ美術館「浜田知明展」会場風景