2006.11.10 - 2006.12.13

Cecco Bonanotte Exhibition - La Divina Commedia

Italian Cultural Institute Tokyo

チェッコ・ボナノッテが描いた ダンテ「神曲」展

イタリア文化会館

Exhibition view
Exhibition view
Frontispiece of the “Purgatory”
Frontispiece of the “Purgatory”

(日本語は下に続きます)

Cecco Bonanotte Exhibition - La Divina Commedia was held from Nov. 10th to Dec. 13th 2006 in the Italian Cultural Institute Tokyo.

 

La Divina Commedia - the Divine Comedy, is one of the greatest achievements in the world history of literature. It was written by a medieval Italian poet, Dante Alighieri (1265 - 1321). The Divine Comedy was represented in 103 pieces of drawings by Cecco Bonanotte, the leading contemporary Italian artist.

 

‘The tableaus of “La Divina Commedia” express a continuous scene with simplicity and lightness. In the scene, the thin and dreamy atmosphere encloses the fragments of reality made by small individual things. Through unstable and light dream, I worked on the fundamental themes of human beings. That is, about Love, Happiness, Limit of human, and Life.‘ (Cecco Bonanotte)

 

To the artist’s page

 

Thank you very much for coming.

 

Term: Nov. 10th to Dec. 5th, 2006

Time: 11:00 - 18:00

Venue: Italian Cultural Institute Tokyo

Hosts: Italian Cultural Institute Tokyo, Hisamitsu Pharmaceutical Co., Inc.

Partners: Italian Embassy in Tokyo, Alitalia Airlines, HIRO GALLERY

東京・九段下のイタリア文化会館で、2006年11月10日から2006年12月13日にかけて、「チェッコ・ボナノッテが描いた ダンテ「神曲」展」が開催されました。

 

中世イタリアの詩人ダンテ・アリギエーリ(1265 - 1321)の遺した、世界史上に燦然と輝く大叙事詩『神曲』。その『神曲』を、現代イタリアを代表する彫刻家チェッコ・ボナノッテが103枚のドローイングであらわしました。

 

「『神曲』のタブローはそのひとつひとつが、シンプルさと軽妙さをもって、一続きの場面を表現しています。そこでは希薄となり夢幻の様相を帯びた大気が、個々の小さな事物が形作るひとつの現実の断片を包み込んでいるのです。儚く軽やかな夢を通して、私は人間存在の大きなテーマに取り組みました。すなわち、愛、幸福、人間の限界、人生についてです」(チェッコ・ボナノッテ)

 

チェッコ・ボナノッテ作家ページ

 

ご来場誠にありがとうございました。

 

日程: 2006年11月10日 - 2006年12月13日

時間: 11:00 - 18:00

場所: イタリア文化会館

主催: イタリア文化会館、久光製薬株式会社

協力: イタリア大使館、アリタリア航空、ヒロ画廊

 

 

画像キャプション(上から)

  •  会場風景
  • 「煉獄篇」扉