2009.3.6

The Church of Vatican Embassy (Apostolic Nunciature) in Japan

Opening Ceremony

- Works and Interior Design by Cecco Bonanotte -

ヴァチカン大使館(ローマ法王庁大使館)教会オープニングセレモニー

-チェッコ・ボナノッテの作品と内装意匠設計-

(日本語は下に続きます)

Vatican Embassy in Japan placed in Kojimachi requested Cecco Bonanotte to make works and design the interior of the church in the embassy. The opening ceremony that commemorates the completion of them was held with about 250 very important people including various countries’ ambassadors.

 

The ceremony was progressed by Archbishop Alberto Bottari De Castello, the apostolic nuncio to Japan.

 

The new church was revived into a white, sharp and modern space overall.

 

In the innocent white space, there are stained glasses minimally designed by Bonanotte. In the center of the altar, 12 saints’ sculptures produced by Bonanotte’s unique aesthetics of formation, Holy Ark shining gold, the reliefs he curved christ’s stories on, the lamp and cross made of gold and silver are installed.

 

The church modern designed and filled with the delicate works by Bonanotte, is such a pure place that once we enter we are wrapped by the gentleness of light.

 

New Portal opening ceremony Page

麹町に所在するヴァチカン市国の大使館、ローマ法王庁大使館が、大使館内にある教会の作品と意匠設計をチェッコ・ボナノッテに依頼、その完成を記念したオープニングセレモニーが各国大使など約250人の要人を迎え開催されました。

 

式は大司教のアルベルト・ボッターリ・デ・カステッロ大使により進行されました。

 

新しい教会は、全体的に白で統一され、シャープでモダンな空間に生まれ変わりました。

 

その清らかな白い空間には、大地と空を、ボナノッテによりミニマルにデザインされたステンドグラス、祭壇中央にはボナノッテの独特の造形美で制作された12人の聖人の彫刻と、金色に輝くご聖櫃、キリストの物語が彫られたレリーフ、ブロンズとシルバーで制作されたランプ、十字架が設置されています。

 

ボナノッテの繊細な作品とモダンなデザインの教会は、足を踏み入れた瞬間から光の優しさに包み込まれるようなとても清らかな空間です。

 

「新しい扉」祝福式ページ