2021.5.1 - 30

Akira Shimizu Exhibition
Akira Shimizu x Tatsumi Hijikata -Possibilities of Contemporary Art and Performing Art- vol. 2
清水晃展「清水晃×土方巽 -現代美術と舞台芸術の可能性- vol. 2」

HIRO GALLERY IZUOKAWA [Open only Fri, Sat, Sun]

ヒロ画廊伊豆大川(金・土・日のみ営業

By clicking on the link above, you can move around the 3D exhibition hall as if you were actually walking through it, and view the works from various angles.

  • Press the circle on the floor to move to that position.
  • Press the play button at the bottom left to watch a tour that automatically guides you through the model course.
  • The green buttons in the 3D space provide detailed information about the work, the yellow buttons provide enlarged images of the work, and the other colored buttons provide exhibition details and artist information. Press the button again to collapse the data into a smaller size.

上の画像リンクより、3Dで再現された展覧会場内を実際に歩くように移動し、様々な角度から作品がご覧いただけます。

  • 床に表示される円を押すとその位置に移動できます。
  • 左下の再生ボタンを押すとモデルコースを自動的に案内するツアーをご覧いただけます。
  • 3Dスペース内の緑のボタンを押すと作品の詳細情報、黄色のボタンは作品の拡大画像、その他の色のボタンは展覧会詳細や作家情報がご覧いただけます。ボタンをもう一度押すと情報を小さくたたむことができます。
Jelly fish | Akira Shimizu
Jelly fish / 1990 / Mixed media with float, cloth etc. / dia. 32cm 「水母」1990年 / ミクストメディア(浮き、布 ほか)/ 直径 32cm

(日本語は下に続きます)

We held Akira Shimizu's (1936 - ) solo exhibition, "Akira Shimizu x Tatsumi Hijikata -Possibilities of Contemporary Art and Performing Art- vol. 2," in HIRO GALLERY IZUOKAWA, as a succession of the one in 2019.

 

Click here for 3D/VR space reproduction of this exhibition.

 

Akira Shimizu is one of the artists who belonged to the Japanese "Anti-art" movement. These artists tried utilizing waste materials to make paintings, sculptures, and installations or doing extreme performances. That was symbolized by the Yomiuri Independent exhibition from the beginning of the 1960s.

 

This exhibition focuses on the drawings, installations, and posters of the artist who pursued the possibilities of art together with Tatsumi Hijikata, a performing artist at the time. The works created through the collaboration between the two artists will allow you to visually and olfactorily feel Japan's climate, customs, and life. 

 

[To prevent infection, please wear a mask and disinfect your hands at the entrance during the exhibition. Please note we may refuse admission to those with a fever of 37 degrees Celsius or higher or those with cold symptoms.]

 

 

Akira Shimizu Exhibition

Akira Shimizu x Tatsumi Hijikata

-Possibilities of Contemporary Art and Performing Art- vol. 2

 

Term: May 1 [Sat] - 30 [Sun], 2021

Open: Fri - Sun [Closed: Mon - Thu] ※ Open everyday until May 5th

Hours: 12:00 - 17:00

Venue: HIRO GALLERY IZUOKAWA

185-1 Okawa, Higashiizucho, Kamo, Shizuoka, Japan 413-0301

Tel: +81-3-3574-0545 

 

 

《Press / Web article》

Izu Shimbun 7 May 2021

https://digital.izu-np.co.jp/news/education/30125

Bijutsutecho

https://bijutsutecho.com/exhibitions/7846

ヒロ画廊伊豆大川にて、2019年に引き続き清水晃(1936 - )の個展「清水晃×土方巽 -現代美術と舞台芸術の可能性- vol. 2」を開催いたしました。

 

本展はこちらからウェブ上で3D/VR空間再現をお楽しみいただけます。

 

清水晃は1960年代初めより、読売アンデパンダン展を中心に起こった廃物を利用した絵画、彫刻、インスタレーション、パフォーマンスなどの表現による「反芸術」活動に登場したアーティストの一人で、本展は当時舞台芸術の土方巽と共に芸術の可能性を追求してきたドローイング、インスタレーション、ポスター作品を中心に紹介いたします。両者のコラボレーションにより生まれた作品は日本の風土、習慣、生命を視覚的かつ嗅覚的に感じ取れる展示となっております。ご高覧いただき誠にありがとうございました。

 

(なお、会期中は感染予防の為、マスク着用、入口での手の消毒のご協力をお願いいたします。また、37℃以上の熱がある方、風邪の症状がある方などはご入場をお断りすることがございますので、あらかじめご了承くださいませ。)

 

 

清水晃展

清水晃×土方巽 -現代美術と舞台芸術の可能性- vol. 2

 

会期:2021年 5月1日[土] - 5月30日[日]

開場:毎週末 金・土・日 [定休日 月・火・水・木] ※5月5日までは無休

時間:12:00 - 17:00

会場:ヒロ画廊伊豆大川

   〒413-0301 静岡県賀茂郡東伊豆町大川185-1

電話: 03-3574-0545(本番号にてご案内いたします)

  

 

《主なメディア掲載》

伊豆新聞 2021年5月7日

https://digital.izu-np.co.jp/news/education/30125

ウェブ版美術手帖

https://bijutsutecho.com/exhibitions/7846

ご紹介いただき誠にありがとうございます。